碇敏之ふつうのおじさん 社長ブログ

2021.09.22

運転免許取得方法の新提案、どうでしょう?

現在の自動車免許の取得方法としては教習所などに通って取得するというのが一般的ですが、結果としてペーパードライバーが世に溢れかえっているのが現状ですよね

 

 

とくに運転もしないままゴールド免許になってしまったり、運転免許証が高額な身分証明書になってしまうのは、あまりにももったいないと思います!

 

新提案なのですが……、カリキュラムで教習所を卒業させるのではなく、本人が不安なく運転できるようになるまで(=納得のいくまで)、占有の敷地内でとにかく慣れるまで(車がボコボコになるまで)運転してもらってから卒業するという方法はどうでしょうか? 強くお勧めします!

 

そのために車体は破損しにくい素材で製造し、車同士がぶつかっても壊れにくくする。教習所内の障害物も、ポールなどではなく建物(これも仮設の物)を設置し、バックや駐車などもとことん本人が納得のいくまでやれたほうが良いと思います。

 

教習員の方々は要所要所だけ立ち合い、基本的には一人乗りでぶつけながら慣れてもらう必要があると思いますね~

 

結局何が言いたいかというと、「教えやすい方法で教えるのではなく、覚えやすい方法で覚えてもらう」ということにシフトしてはどうかということです!

 

 

これは免許だけでもなく、様々なシーンについて言えることです。

 

もちろん、うちの社内でもちょいちょい目につくので、気づいた都度この言葉をかけて、だれのなんのための時間なのかを修正することも多々あります。

 

最後に。

 

せっかく何時間も何十万円もかけて取得するんですから、使えるようになってくださいね

一覧に戻る