人を知る

先輩の声

真剣にお客様の悩みに取り組みリングローのよさを広めていく 鈴木 陽子 国内営業部門 サポートセンター担当 リーダー 2001年入社 真剣にお客様の悩みに取り組みリングローのよさを広めていく 鈴木 陽子 国内営業部門 サポートセンター担当 リーダー 2001年入社

入社したときから、いまの仕事について入社したときから、いまの仕事について

私と碇社長はアルバイト仲間で、起業メンバーとして声をかけてもらったのが入社のきっかけです。業務委託(現・技術提供部門)、販売、小売の部署を経験し、現在のサポートセンターには2016年から配属されました。 サポートセンターは、電話でお客様の質問にお答えするのが仕事です。どんなお問い合わせでも、質問に答えるだけではなく、本当のご要望は何なのかをしっかりヒアリングし、柔軟にご対応するように心がけています。特に電話でのサポートはお客様の環境が見えないので、具体的な想像をしながら、時間がかかっても地道に整理するようにしています。そうすることで問題は解決できるはずだ、と思っています。ご案内したお客様から「これがやりたかった!ありがとう、またお願いね!」と仰って頂けるとモチベーションがあがります。一生懸命やればやっただけ、喜んでもらえたり頼られたりすると嬉しいですし、やりがいを感じます。

これからどんなことに挑戦していきたいですかこれからどんなことに挑戦していきたいですか

将来は生まれ育った広島県の尾道市に支店を立ち上げ、長くリングローに携わっていきたいと考えています。いつかは尾道に帰って子供を瀬戸内の穏やかな環境で育てたいというライフプランと、リングローでの仕事を続けて行きたいというキャリアプラン、その両立を目指しています。 お客様からいただける「解決したよ。リングローさんにお願いしていてよかった」という一言。その積み重ねがリングローのよさを広めていくことにつながる。そうすれば、必然的に全国に展開していけるのではないかと思っています。

どんな人と働きたいですか

サポートセンターでは、お客様が製品を使えない状況が一番よくないと考えています。ですから、当社が販売した商品以外のソフトや周辺機器についてもサポートしています。一緒に方法を探して解決することで、知識として蓄積されていく実感があります。お客様に教えていただく事の方がとても多い部署だと感じています。 いくつかの部署を経験してきましたが、特別なスキルや知識はほとんど必要ありません。必要なのは、真剣にお客様の「困った!」に取り組むことができる、熱い気持ちです。本気で一緒に悩んだり、笑ったりできる「人間くさい人」と一緒に働きたいです。

こんなかおになったこと

ーー「こんなかお」になったこと
サポートセンターでは、日々「こんなかお」があふれています。あまりパソコンの操作に慣れてないお客様のサポートには、1時間以上かかる場合もあります。お客様も疲れていらっしゃると思いますが、電話の向こうで一生懸命操作をしてくださいます。お客様のやりたいことができたときは、「よかった!」と思わず一緒に喜んでいます。

ーー「こんなかお」を増やすには
第一に、相手の気持ちを考える事です。そして「こんなかお」を増やしたいと思い、一緒に行動できる仲間が必要です。

1日のスケジュール




サポートセンターでは、業務上、緊急のお客様対応を求められることが多いのですが、鈴木さんは自身が忙しいときでも、常に周りを気にかけ、手助けしてくれるんです。キャパシティが大きく、姉御のような、心から尊敬できる先輩です!

いつも明るく、ハツラツとした先輩です。 一緒にいる人をポジティブにさせてくれるのは、鈴木さんの天性の才能だと思います。 サポートセンターにかかってくるお客様からのお問合せは、鈴木さんご指名のお客様が多いのですが、きっと電話越しの声でも鈴木さんの良さが伝わっているのだと思います!

もっと先輩を知る

森 啓登 国内営業部門 2011年入社森 啓登 国内営業部門 2011年入社

關 ひかる 管理部門 2013年入社關 ひかる 管理部門 2013年入社

井上 卓也 国内営業部門 2014年入社井上 卓也 国内営業部門 2014年入社