人を知る

先輩の声

相手の目線になることを第一に、まだ存在しない事を形にする 森 啓登 国内営業部門 卸売 営業担当 マネージャー 相手の目線になることを第一に、まだ存在しない事を形にする 森 啓登 国内営業部門 卸売 営業担当 マネージャー

入社したときから、いまの仕事について入社したときから、いまの仕事について

就職活動中、社員の方々と会うなかで、どんどんと「この人たちと働きたい」と思うようになり、入社を決意しました。社会人になって何がやりたいのかと悩んでいた私の話を聞いて意見をくれたとき、一人の人間としてしっかり扱ってもらえたと感じたことが志望動機でした。
入社した2011年から国内営業部門に所属しています。主な業務は、PCの量販店様向けのルートセールス、チームメンバーの進捗確認、新聞広告の掲載に向けた販売企画を立てるなどです。バイヤーさんからのご要望に対しては、仕入れや倉庫の状況を確認してご提案しています。どの業務でもお客様の目線になる事を第一に心がけています。オーダーに沿うだけではなく、一緒にその先まで見通すことができれば、本当に喜んでもらえる提案ができるのだと考えています。

これからどんなことに挑戦していきたいですかこれからどんなことに挑戦していきたいですか

常に上昇志向をもって、今はまだ存在しない事を形にしていきたいです。ルート営業をしていたころ、売り上げを伸ばせず担当顧客を全て外され、まったく経験のない業務を任されました。その仕事をやり始めてから、提案の幅が広がっていき、パソコンの販売だけだと思っていたところから、サービスの提供や、お客様に「お!面白い!」と言われるような新しい事を作っていくべきだと、凝り固まっていた考えがガラッと変わりました。そのとき、ふと自分を振り返ると、どうしたらお客様といい関係になるか、売り上げが伸ばせるかなど、常に先のことだけを考えていました。仕事は常に先だけを見ていれば、こんなに面白くうまく回っていくんだと実感しましたね。ですから、これからも前向きに行動していきたいです。

どんな人と働きたいですか

目の前のチャンスをすかさず取りに行ける、アグレッシブな方と一緒に仕事をしたいです。自分の仕事はここ、ここ以外は誰かがやるだろうと思わず、思いついたことを「やりたい!」と言える、チャレンジ精神のある方と刺激し合いたいと思います。失敗したとしても、その本人も会社も何かしらの経験を積み、次に活かす事ができます。リングローには、社員のやる気を全力でバックアップする環境がありますから、ぜひ声をあげて欲しいです。

こんなかおになったこと

ーー「こんなかお」になったこと
部下が課題を乗り越えて成長できたとき「こんなかお」になります。売り上げが伸びず悩んでいた部下に、主要な顧客を任せたときのことです。相談に乗って一緒に作戦を立て、徐々に売り上げが上がっていきました。自信のついた部下は、次のお客様には「こうしてみたい」と自分から積極的に提案をしてきました。そんなとき、一つ壁を乗り越えて成長したね、よかった!と「こんなかお」になりました。自分の売り上げが上がったときはもちろん嬉しいですが、最近はそれよりも、部下の成長を感じたときが一番嬉しいです。

ーー「こんなかお」を増やすには
自分と同じ気持ちを持つ仲間を増やすことだと思います。新しい人が入ってきたら「こうしよう!」と言える雰囲気、バックアップがあり動きやすい環境をつくることでつながっていけばと思います。

1日のスケジュール

後輩の面倒をよく見てくれる、頼れる先輩です。
仕事以外の話も含め、なんでも話を聞いて一緒に解決策を考えてくれるので、森さんは何かあったら、一番に相談したい存在です。
また、お客様の表情や言葉のニュアンスを汲み取って、商談を進めていくところはすごいなと思います。
宴会では盛り上げ役に徹する宴会魂も、見習いたいことの一つですね。

言葉に隠された、お客様の本当のご要望を掘り出すプロだと思います。
営業活動や商談においては、お客様の言葉をそのまま受け取るのではなく、言葉の裏側にある本質を汲み取って提案するので、いつもお客様から喜ばれています。
また、マネージメントにおいても、そういった面が活かされていて、森さんの周りにはひっきりなしに後輩が相談に来ています。

もっと先輩を知る

鈴木 陽子 国内営業部門 2001年入社鈴木 陽子 国内営業部門 2001年入社

關 ひかる 管理部門 2013年入社關 ひかる 管理部門 2013年入社

井上 卓也 国内営業部門 2014年入社井上 卓也 国内営業部門 2014年入社