人を知る

先輩の声

本当の「優しさ」を持って会社と人の成長に貢献していく 關ひかる 管理部門 総務課 マネージャー 2013年入社 本当の「優しさ」を持って会社と人の成長に貢献していく 關ひかる 管理部門 総務課 マネージャー 2013年入社

入社したときから、いまの仕事について入社したときから、いまの仕事について

私は誰かの助けになる仕事がしたいと思って就職活動をしていました。リングローの企業理念を知ったとき、私のやりたいことと会社のやりたいことが一緒だと感じて入社したいと思うようになりました。説明会、面接を受けるにつれて、理念に対して真剣に取り組んでいる様子が伝わってきて、帰り道では、そんな皆さんと一緒に頑張っている姿を想像して、自然と笑顔になっている自分がいました。

2013年の入社から総務に配属されています。総務は、広報、人事、経理、以外の社内業務の全てが仕事です。他の部署が自分の仕事に専念できるように、その他を全て担当しているので、やることは様々です。新しい案件が次々とくるので、わからない事も多いのですが、いろんな経験ができます。そういうところは、大変でもありますがやりがいも感じています。ただのサポート役ではなく、頼まれる前に行動できるように心がけています。

これからどんなことに挑戦していきたいですかこれからどんなことに挑戦していきたいですか

本当の意味での「優しさ」を持っている人になって仕事をしていきたいです。そう思うようになったのは、入社して半年たった頃、社長と面談したときからです。人に優しくしたいという話をしたのですが「それは、本当の優しさかな?」と社長に言われました。ただ甘やかして何でもやってあげるようなその場だけの優しさではなく、相手の成長を考えることが「優しさ」だと気づかされました。今は部下ができ、甘やかさず、ときに厳しくするようにしています。嫌われることを恐れずに、相手の今後を真剣に考えて行動して、時には相手の将来を考えて叱ったりできるような社員になりたいと考えています。

どんな人と働きたいですか

自分で言ったことに責任をもって、努力できる人と働きたいです。総務の仕事は新しい仕事が多いので、試行錯誤する毎日です。「やります」と言った事に対して、言っただけで努力や行動ができなければ、何も起こりませんし、信頼も失ってしまいます。やらなければわからない事がとても多いです。自分の考えを持って、失敗してもいいので、行動することが大切だと思います。相談はどんどんして欲しいです。相談することもひとつの「行動」です。

こんなかおになったこと

ーー「こんなかお」になったこと
入社したとき、社員の皆さんが名前と顔を知っていてくれて「こんなかお」になりました。それまで話しをしたことのない先輩も、「關さん!」と話しかけてくれました。はじめはびっくりしましたが、新人というくくりではなく一人一人を大切にしてくれる会社だと感じました。

ーー「こんなかお」を増やすには
自分じゃない誰かのことのために、それぞれが自分なりに考えて行動することが大切だと思っています。常に自分も楽しんで「こんなかお」を増やしていきたいです。

1日のスケジュール

どんなに忙しく大変な時も、笑顔を忘れず周りを気にかけられる人です。
皆からとても信頼されていますが、その一方で、自分はまだまだ足りないと、もっと上を目指しているところも素敵だなと思います。
また、優しさの中にも厳しさがあり、相手の成長を考えて言いづらいことも指摘してくれます。伝え方は嫌な感じがしないので、素直に受け取れるのもすごいところです。

關さんがいるだけで周りの雰囲気がぱっと明るくなります。どんな時でも誠実に対応し、誰にでも分け隔てなく接することができる人なので、皆から信頼されています。
また、会議が行き詰ったときには、關さんの一言で空気が変わります。会議の目的や状況を確認しながら、皆を良い方法に導いてくれるので、察知能力や行動力も素晴らしいなと思います。

もっと先輩を知る

鈴木 陽子 国内営業部門 2001年入社鈴木 陽子 国内営業部門 2001年入社

森 啓登 国内営業部門 2011年入社森 啓登 国内営業部門 2011年入社

井上 卓也 国内営業部門 2014年入社井上 卓也 国内営業部門 2014年入社