人を知る

先輩の声

〝やり方〟を常に見直してお客様の望むものを作り、届ける 井上 卓也 国内営業部門 チーフ 2014年入社 やり方〟を常に見直してお客様の望むものを作り、届ける 井上 卓也 国内営業部門 チーフ 2014年入社

入社したときから、いまの仕事について入社したときから、いまの仕事について

1回目の会社説明会のときに、中古パソコン市場で、お客様が本当に求めている商品を生み出すというところに魅力を感じると同時に「やりたい!」という気持ちを抱いたことから入社を決めました。
入社後は業務委託部門(現・技術提供部門)などを経験し、現在は新座倉庫に配属となりました。主に中古パソコンの生産管理をしています。お客様によって様々な要望があるので、それをどうやって作業者に正確に伝えるかが難しいところです。また、中古パソコンの修理の過程ではイレギュラーな事がしばしば起こり、その都度すばやい対応が求められます。問題点を見つけて解決方法を探ったり、次からその方法をどう活かして生産台数アップにつなげていけるかという、仕組み作りにやりがいを感じています。

これからどんなことに挑戦していきたいですかこれからどんなことに挑戦していきたいですか

将来は、倉庫業務を統括できるようになり、中古パソコンの生産台数を上げていきたいと思っています。生産台数をあげるには、常に「やり方」を見直していく必要があります。例えば、インストール作業の場合、サーバーから一度に20〜25台にインストールできます。以前は4人1チームで作業していましたが、少しやり方を変え、2人ずつ2チームに分けて作業することで回転率をあげる事ができました。生産管理、在庫管理、人材管理についての経験を積んで、自身のスキルを向上させることが必要だと思っています。

どんな人と働きたいですか

自身の意見を発信でき、しっかりと相談できる方と働きたいです。作業を指示どおりにやることはもちろんですが、より良いやり方を一番わかっているのは現場の人たちです。「こうした方が良いのでは?」という現場から発せられる意見は、倉庫の運営や生産台数をあげるため、良いものを作る上で必要不可欠です。この業務に必要なのは、特別なスキルではなく、高い成長意欲や、強い責任感だと思っています。
内定を取ることはゴールではなく、スタートです。リングローは自由な社風のため、色々なやりたいことを見つけられます。ぜひ、説明会などでやりたいことを話してください。本当にやりたいことを見つければ、就職活動も楽しめると思いますよ。

こんなかおになったこと

ーー「こんなかお」になったこと
派遣社員の方々の日々の仕事ぶりや成長を見ていると「こんなかお」になります。指示をして作業してもらっていたことが、何もいわなくても、作業の流れを理解した上で動いてくれたときは、「こんなかお」になると同時に感動してしまいます。

ーー「こんなかお」を増やすには
お客様の望むものを作り、届けることで「こんなかお」を増やせると思います。ただ生産台数を上げるのではなく、より良い物を作っていきたいです。

1日のスケジュール




現場の士気を高めてくれる存在です。
卸売用商材は、販売先によってお客様が気にされるポイントが異なるのですが、井上さんは現場スタッフにそういった細かい情報を共有して、皆が同じ意識で仕事ができるように呼び掛けてくれます。40名という大人数で行う作業において、欠かせない存在です。

何事でも全力で取り組む姿勢で、社員みんなから信頼されています。
どんな仕事でも自分が任されたことの意味を考えて、一生懸命取り組む姿勢や、お客様の期待に応えるために、倉庫中を走り回りながら、商品化や出荷の仕事に取り組む姿を見て、いつも刺激をもらっています。

もっと先輩を知る

鈴木 陽子 国内営業部門 2001年入社鈴木 陽子 国内営業部門 2001年入社

森 啓登 国内営業部門 2011年入社森 啓登 国内営業部門 2011年入社

關 ひかる 管理部門 2013年入社關 ひかる 管理部門 2013年入社