ニュースリリースニュースリリース

2018.12.13News

個人事業主向け無期限保証パソコン「R∞PC(アールピーシー)」2018年12月13日より販売開始

修理費用が個人より7000円増、負担軽減“働き方改革”パソコンの販売強化。個人事業主向け無期限保証パソコン「R∞PC(アールピーシー)」 “2年後下取り”で無期限保証を開始。12月13日より。

 中古パソコンの販売累計台数200万台を誇るリングロー株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:碇敏之、以下、リングロー)は、2018年12月13日より、個人事業主・フリーランス向けに、購入してから2年後の下取り(※)をすることで実質無期限に保証されるパソコン「R∞PC(アールピーシー)」の販売を開始します。

 無期限保証パソコン「R∞PC(アールピーシー)」は、今年の4月に個人向けに発売された中古パソコンで、購入後、過失による故障が発生しても無償で修理し、電話によるサポートも無料で対応する、業界初の取り組みです。発売開始後約半年で出荷数1200台を突破、順調に推移していますが、当初から個人事業主の方からも保証を適用してほしいとの要望が殺到しており、このたび下取りをすることで無期限保証するプランを用意しました。
 (※)2年間の保証期間があります。下取り・買い替えをする事で実質2年間の保証が延長されます。

個人事業主の負担軽減①/仕事で使うパソコンの修理費用は、個人利用に比べて7000円高い

 リングローの実績調査によると、個人利用のパソコンの修理費用が平均6000円強なのに対し法人を含む仕事利用によるパソコンの修理費用は平均13000円強と個人利用によるそれと比べて約7000円も高いことがわかりました。実際に故障をし、修理を実施した傾向をみると、仕事で使うパソコンはユーザーが仕事で必須なこともあり、不調が出ても騙し騙し長く使おうとしがちな部分もあるため、個人利用のパソコンの修理に比べて部品の交換、修理等の費用がかさむようです。当然、仕事の場合、利用の頻度も高くなるため故障率も上がります。特に、個人事業主・フリーランスにとって、パソコンは生命線でもあり、パソコンのメンテナンスにかける時間もコストもリスクになります。無期限保証パソコン「R∞PC(アールピーシー)」は、そのような経済的負担を軽減することができるパソコンです。

個人事業主の負担軽減②/ウィンドウズ7サポート終了までの“繋ぎパソコン”需要

 2020年1月にOS「ウィンドウズ7」のサポートが終了することもあり、パソコン市場は買い替えによる特需が期待されています。2年後のサポートも考え、現在、パソコンの購入を検討している個人事業主にとってもいかなる負担があるか不透明な状況です。無期限保証パソコン「R∞PC(アールピーシー)」は、電話による相談・サポートも無料、さらに、2年後のOSアップグレードの支援まで対応が可能なため、事業に専念したい個人事業主やフリーランスにとっても、この2年間の“繋ぎパソコン”としても安心です。

個人事業主の負担軽減③/新品の半額以下、下取りによる買い替え負担も低減

リングローが取り扱う無期限保証パソコン「R∞PC(アールピーシー)」は中古パソコンです。新品で10万円のものが3万円程度と、約半額以下で手に入るのが特徴です。パソコン専用の自社工場(埼玉県新座市)を持ち、修理・メンテナンスから再生(リファビッシュ)まで行い、国内外問わず広い販路を確保しているためスペックも良く値段も安く提供できることが理由の一つです。中古パソコンのトレンドは、2年を経過すると買取価格が下落する傾向があるため、そのタイミングに少ない追金で、システムアップデートにも耐えうる快適な上位機種に買い替え(下取り)できることも、個人事業主やフリーランスにとっての負担軽減の一つと言えます。

 リングローは、働き方改革により増え続ける個人事業主やフリーランスなどの事業支援として、無期限保証パソコン「R∞PC(アールピーシー)」を軸に、小売や量販店に限らず、パソコンの取り扱いが無い店舗への販路開拓をも強化し、2020年1月までに「R∞PC(アールピーシー)」だけで販売台数10万台を目指す考えです。

『今なら、働き方改革として中古パソコンの商機あり』/リングロー株式会社代表取締役、碇敏之コメント


「日経ビジネスの11月26日掲載記事によると、インテル社のCPUの生産に遅れが生じており、日本国内での新品パソコンの生産にも顕著に影響を受けている現状、さらに働き方改革で今後個人事業主やフリーランスとして仕事をする人が増えていくことでパソコン需要は増えていくことも見込まれます。そこでリングローは、生産が追い付かない新品パソコンに代わり個人事業主にも対応した中古パソコンを販売していくことに注力していく所存です。」

代表プロフィール

碇 敏之(いかり としゆき)1973年、北海道生まれ。高校中退後、ミュージシャンを目指し上京。2001年に有限会社リペアシステムサービス(現:リングロー株式会社)を設立。2018年4月に販売開始した、本体と電話サポートが永久保証になる中古パソコン「R∞PC(アールピーシー)」をはじめ、「廃校活用のおかえり集学校プロジェクト」を立ち上げるなど、斬新な取り組みで業界をけん引している。中古業界では珍しく人材育成にも力を注いでおり、2016年より独自の「人を育てる福利厚生」を提唱。田植え研修やオーダースーツ支給など。外国人正社員の雇用にも積極的で、外国人の在籍は2割を超える。

 

リングロー会社概要

名称:リングロー株式会社

代表取締役:碇敏之

本社所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-77-5 フォーラム・アイエス4階

設立:2001年7月3日

資本金:10,000,000円

URL:https://www.ringrow.co.jp/

 

報道関係者お問い合わせ先

担当:渋江(しぶえ)

TEL:03-6747-3600

FAX:03-6747-3620

E-mail:pr-contact@ringrow.co.jp

一覧に戻る